若い女性は援助交際を何故するのか?

援助交際は、一度で三万円程度であれば楽に稼ぐことができますし、それを繰り返すことによって、金額自体は非常に大きなものに到達することができるといえるでしょう。

それによって、ほしいと思っていたものもすぐに買うことができますし、そこでお金がなくなってしまったのなら、また援助交際をしてお金を稼げば良い、そういう考えに至る女性がいるということも自然なことかもしれません。

援助交際によって生まれたお金は、このようにして次々に使われていって消えてしまうというのが援助交際をしている女性たちにとっての常識であり、そのお金が貯金などで手元に留まるということは、不思議なほどにめったにないことなのだそうです。

援助交際という行為で稼いだお金だからこそ、すぐに消えていってしまうということなのかもしれませんが、普通のバイトでは到達することも難しいような金額を一気に手に入れてしまうと、感覚が麻痺してしまい、散財に至ってしまうのかもしれませんね。

援助交際をしているとき自体は、精神的に辛い思いをしたとしても、それによって得ることができたお金の額を考えているうちに、これだけのお金が手に入るのであれば、また援助交際をしてもいいかもしれない、そんなふうに考えるようになってしまうのです。
最近では援助交際をする女性の数自体は減ってきているといいますが、それでも、まだそういった理由から援助交際から抜け出せないでいる、そんな女性も存在していることでしょう。

援助交際の相場と援交する女性の存在

援助交際というものがかなりの流行になっていたというときに比べて、現在では規制のことなどもあり、援助交際はかなり控え目になってきたといえるかもしれません。それでも、まだ援助交際をすることでお金を稼いでいるという女性は多くいるのです。

それだけ、援助交際は女性にとって必要なものでもあるということなのではないでしょうか。援助交際では、男性と一度関係を持つだけで、たいていは一万円から三万円という相場の中からお金を報酬として支払われるのですから、時給にしてみればかなりおいしい仕事といえるかもしれません。

知らない男性と関係を持つといっても、それがまったく苦にならない女性もいるでしょうから、そういった女性にしてみれば、援助交際は本当に楽にお金を稼ぐことができる手段ということになります。

そして、援助交際をする女性の中には女子高生が非常に割合としても多いというのが常識ですが、女子高生はそこで得たお金を、ブランド品などに消費していきます。そこで、貯金をして将来のために役立てるというような堅実なことを考える女性は、そもそも援助交際などはしないのではないでしょうか。
そのとき、その場面だけでお金を稼いで遊ぶことだけを考えている、そんな女性が非常に援助交際に近しい存在だといえます。そして、そういった女性ほど、後になってから必ずといっていいほど援助交際という行いを後悔することになるのです。
ですが、援助交際というものをしている最中では、それが危険な行為であるということにも気付かず、次々に男性と関係を持っていってしまうのでしょう。

援助交際の基準とは?セフレとそうでない関係の違い

セフレ。これがセックスフレンドの略なのは、既にご存知でしょう。出会い系サイトでは簡略化した、このセフレという表現が通常用いられます。他にもヤリ友という表現もあります。

出会い系サイトでは、建前的には「恋愛関係を前提の男女の出会いをサポ−ト」との謳い文句になっていますが、実際はこのセフレ目的の利用者の方が多いくらいかも知れません。出会い系サイトで知り合った相手と意気投合して、ホテルに行く。

男女の交際の流れとしては、ごく自然な事ですから、これを全てセフレとは言えません。中には本当に恋愛感情を抱いている男女が存在するハズです。援助交際的な関係になっている人達もいるでしょうが、これは法律に触れるので危険な行為です。

セフレとそうでない関係の区別。これには「基準」があると筆者は考えています。セフレ目当てで出会い系サイトに集う男女が出会えば、当然最短で目的を果たすべく、ホテル直行となるのが当事者達にとっては自然な流れ。問題は次。ここでセフレ関係か、そうでないのか、が決まるのです。

セフレ関係なら、行為が終われば目的達成で相手は用済みとなります。次回会うのであれば、それまで顔を合わせる必要も、それ以上一緒に過ごす事もありません。そこでお開きです。
しかし、セフレでない男女関係であれば、行為が終わった後も、引き続き2人一緒に過ごすハズです。会話を楽しみ、ホテルを出てから食事に行ったり、飲みに行くかも知れません。

同じ出会い系サイトで出会った男女でも、セフレか否か、では、2人の過ごし方に大きな違いがあるのです。

援助交際とセフレの違いと恋愛関係の線引き

セフレ。セックスフレンドの略なのは、ご存知お察しの通りです。出会い系サイトなどのネット上では、ほとんどがセフレと短い表記が用いられます。ヤリ友という表現も有りますが、同じ意味です。

出会い系サイトの表向きの目的は、恋愛関係を望む男女の出会い支援、というところですが、現実はセフレ探しが目的で登録している男女会員の割合も少なくありません。出会い系サイトで知り合って意気投合。ホテルに行けばそれは全てセフレ・・・とは言えません。ここは大切なところです。

中には恋愛感情を抱きあっている男女も居るハズです。援助交際関係などに進展していくと、チョット厄介だと言えますネ。
セフレか否か。この関係の線引きには、ひとつの基準があると筆者は思っています。

セフレ探し目的で登録した男女が出会い系サイトを通じて出会えば、即目的達成となります。ホテル直行。ここから2つに分かれるのです。

セフレであれば、エッチが済めば用済みですから、次に会うにせよこれっきりにせよ、そのまま別々に帰路に着くでしょう。それはまるでホテル風俗みたいに。セフレでない場合、その後も一緒の時間を過ごし続けるハズです。話をしたりテレビを観たり、あるいはそこから食事や飲みに繰り出す事もあるでしょう。

この「コトが終わった後」がポイントなのです。エッチの後の共有時間や姿勢が無い男女は、同じ出会い系サイトが出会いのキッカケだったにせよ、セフレの範疇に入ると考えられます。いかがですか?

援助交際でセックスを楽しむにも色々注意が必要

同僚や友達と趣味について話をするときに、みんなどこまで本心で話をしているんでしょうか?
別にみんな嘘をついているとは言いません。

そこで話している内容も、正真正銘みんなが趣味として楽しんでいることなんだと思います。
でも誰一人として「セックスが趣味です!」「セックスの人数を増やすことに燃えている!」なんて言いませんよね?

心の中ではみんな、「セックス最高」と思っていても、やっぱりそういうことは言わないようにしているようです。
そう考えると滑稽ですよね?!大人が真剣な顔で話したりしていても、みんな夜には別の顔を持っているなんて…。

恋人や配偶者がいる人の場合、男女二人とも趣味が一致した時は幸せですよね。
性欲の強さや性癖が合う場合、離れられない関係になるでしょう。
でも悲しいことに、こんなカップルは一握りなのです。

みんな生活の安定や世間体を気にして、ある程度のところで妥協してつき合ったり、結婚したりしています。
だからセックスの相性が合わないと知りながら、長年連れ添っているという現象は珍しくもありません。

こういう場合、セックスフレンドを作って性欲を解消している人が多いです。
セックスフレンドは援助交際でもありませんし、まして強姦でもありません。
大人がお互いの合意の上でセックスしてるんですから、人の勝手でしょ?

でも、一般的にはセックスフレンドがいることを異常者扱いすることが「フツー」とみなされます。
二十歳以下の子とセックスしてしまうと犯罪者になってしまうこともあり得ますから、一概にいい面ばかりとは言えませんが…。

相手さえ選べば、楽しいセックスが出来ますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ